ルーズになって、図しくなってと天使に言われました笑

今日は小寒、暦通りの寒い日になりましたね

こんな寒い日はキュッと体に力が入って固くなりがちですが、

心は温かくリラックスして自然と笑顔になれる自分でいたいですね

1月、2月と実家の方では雪が積もることもあるので

ALSの母の様子を見に行けるかちょっと心配です。

ALSとは筋萎縮性側索硬化症という難病で、

1年に10万人に1人の割合でかかる病気だそうです。

すごく簡単に言うと筋肉が萎縮して動かなくなって

進行具合は人によって違いますが寝たきりになって

自力で呼吸ができなくなってしまう病気です。

母の場合は進行がすごく遅いようで発症から15年が経ちました。

補助してもらいながらなんとかベッドから車イスに移って

自分の手でご飯を口に運んだり、トイレに行ったりしていました。

一昨年、トイレで転倒して骨折してから寝たきりになり、

昨年には誤嚥ごえんの心配があるとのことで

とうとう胃から栄養を摂る胃瘻になりました。

口から食事を摂れなくなってから

ますます痩せ細ってきたように思います。

母は昔からきちっとしている人だったので

足も腕も手もかなり動かしにくくなっていて、

自分の思うようにできない今は辛いだろうなと思います。

この病気の残酷なのは脳に全く影響しないことです。

記憶も私以上にしっかりしていて、

文字盤を使っての会話ですが度驚かされます。

完璧に何でもこなしてきた母が

今は人のサポートを受けなければ何もできません。

ああしてほしい、こうしてほしい、

これじゃあ気持ち悪い、これは嫌、

などと言えず我慢して生活しています。

だから私が会いに行くと、

耳を掃除してほしい、爪をもう少し切ってほしい、

ここにクリームを塗ってほしい、これをしまってほしい、

などなど文字盤を使って指示をいくつもされます。

指示されながら、あとどれくらいできるのかな

と思うと辛く切なくなります。

母は完璧主義でした。

きちっとしなさいが母の口癖でした。

何でも自分でやらないと気が済まない人でした。

でも、今は病気のためにそれができません。

私も母のようなところがあります。

年末、受講したエンジェルヒーラー養成講座の先生に

ルーズになっていいし、図しくなっていいのよ

と天使たちが言ってるわよとメッセージをもらいました。

母にはたくさんのことを教えてもらい感謝しています。

いいところは身につけながら、でも私らしく生きることが

母への親孝行になるのかなとこの年末年始に感じました。

親からの刷り込みをだいぶ剥がしてきたように思っていましたが

まだまだつもりだったようです。

刷り込みって強烈ですね

2018年はルーズに、図しく、自由に、気楽にいこう

娘がカウントダウンジャパンに行った時の写真です。

気分を味わいたくて載せてみました

oooooo

オラクルカードリーディング、レムリアンヒーリング、

クリスタルヒーリング等のセッションは随時受け付けております。

詳しくはこちらをご覧ください。MOONROSE