火事です!避難してください!!と部屋中にアナウンスが!!!車椅子でどうする

ヘルパーさんと朝のお風呂に入っていたら、

外から奥さんが扉を叩く音が!!

何だろと扉を開けると、

19階で火事!

お風呂の中では聞こえなかった、アナウンスが聞こえて驚きと、

シャワーチェアーで裸の僕は、

タワーマンションの怖さと、

今まで考えていた、火事の時の恐ろしさを感じ、

どうするべきか考えました。

まずは、お風呂から出て、シャワーチェアーのまま、避難するべきか、

着替えて避難するべきか考えました。

奥さんにベランダから19階を見て、煙や火が出ていないか確認し、

何も起きていなかったのを確認出来たので、

玄関を開けて外の状況が聞こえるようにして、

ヘルパーさんと奥さんで最短時間で着替え、

車椅子に乗ったら、

誤報だったとアナウンス。。。

良かったーーー。

てか、お風呂に居て、避難アナウンス聞こえなかった、、、。

実家を出てから、火事の怖さが1番懸念していました。

火事になったらどうするか。

今の生活でも火事になった時のシミュレーションしていましたが、

1番避難に時間が掛かる、裸でお風呂のタイミングで今回の誤報が起きたので、

かなり良いシミュレーションになりました。

裸でお風呂から着替えて車椅子に乗るまで10分。

火災になったときのことを想定しておかなければですね。

まだ誤報で19階だったから良かったですが、

これが誤報ではなく、隣の部屋で火事になったらと思うと

恐ろしさしかありません。

今の部屋にしているのも、最悪火事になったら、

ベランダが広いので端までにげるのと、

消防車のハシゴが届くことも考えて、

いまの部屋に決めています。

1人でベットにいたら、

僕は119番に電話するしか出来ないかな。

そう考えると、本当に恐ろしいです。

一人暮らしていた頃は、毎日が危険だったなと思います。

最悪、エレベーターも止まるので、

ヘルパーさんと奥さんに避難階段を

担いで降ろしてもらおうと思いました。

やっぱり体重は重たくはなれないな。

朝から疲れたなー。