松阪市議選2017

 2017年7月23日投開票でした。

 定数28人に対して32人が立候補していました。

 最多得票数は3091票、最下位当選者は1016票、落選者の最多得票数は981票でした。

 投票率は「46.98%」で、2005年の合併以来最低でした。

 この選挙の広報ポスターには、松阪市出身のレスリング選手、五輪金メダリストの土性沙羅さんが採用されていました。1994年10月生まれの22歳だそうです。

 

 地元の地方議会議員選挙は、報道量が少ないこともあって、投票先にいつも悩みます。有権者である自分自身が、ふだんからこの種の情報を求めて活動していないことの証左でもあるのですが・・。

 これまでのこの種の選挙に比べて、今回、自分自身の中で若干事情が異なったのは、ランニング中に候補者の選挙事務所(自宅?)の場所をいくつか発見したことです。一般的には、この種の選挙は政策や政党で選ぶというよりも、その地域の代表として選ぶ側面が強いのかなぁとも考えました。実際、政党公認候補は、32人の候補者のうち6人でしたので。

 [写真は、三重県松阪市市議選2017の候補者ポスター]

 (2017.7.24撮影)

広告を非表示にする