306. 「烙印された者たち」Franz Schreker (2度目)7月12日、ケルン

今まで見たオペラ・ケルンのうちでもう一度見るとしたらこれに限るということで最後のチャンスで言ってみた。ミュンヘンオペラ祭でも今年はこの曲がプレミエである。

途中雨が降って来たので駅にゴミ箱の上にカバンを置いて雨傘を取り出した。時間があるのでデパートにCD見に行ったらさっきまであったオペラのチケットがない。まさかこんなのシュレッカーのオペラ見たくて盗む人もいないのにと最期に見たのは電車の中だが、今日は「オペラの日」なので全席15ユーロ均一で前売りで安いので買い直そうかと思ったが、売り切れたらアウトだし、冷静にどこでカバンを開けたか思い出してみて、図書館で現代音楽のコラール前奏曲の楽譜だけを買って、ケルン・ドイツまで戻ってみた。落ちたとしたらゴミ箱しかない。どこでカバンを上げたか覚えていた。分別してあるので他は汚いので紙くず箱の上。でも中深部まで恥かしくも浮浪者のごとく手で探ったがやはりない。ここでなければホームしかないがありえないので、最後に勇気を振り絞って底まで手で探ったらやっとあった!これで入場のみならずそれに付いている帰りの電車代まで助かった。ただしこの騒動で中国食料品店に豆腐とモヤシを買いに行く時間は無くなった。

今回は40分前に解説するとちゃんと予告してあったので早めに入って出てきたのだが、例の口が上手く原稿なしのシェフ・ドラマトゥローグではなくて原稿読みのおばさん。一通りの代表作:「遠い音」とか「宝探し」、「炎」。「狂える焔」はクレンペラーの指揮でケルンで初演されてナチに邪魔されて56歳で死んだユダヤ人作曲家の事。戦前は大成功した作曲家だが戦後は顧みられず発掘・復活上演されたのが70年代。ケルンもこの曲は1979年が最後だった。

このオペラの特徴は20人もの配役。歌わない役も含めてやはり20人を超すR・シュトラウスの「ばらの騎士」に匹敵する。台本は自分で書いたらしいが、それでもディヒテュンク「詩」らしい。場所と時代は16世紀のジェノヴァルネッサンスだがここの演出はヒッチコックの映画のように現代に持ってくる。音楽だけ改定は絶対に許されない。

音楽は発音的でベルカントらしく、R・シュトラウスプッチーニ、ドビッシーの影響があるらしいが後者の2人の作曲家は余り、または全然感じない。印象主義に特徴な平衡5度等の連続も無いのだ。すべてはポリフォニー的に繋がっているドイツ音楽。前奏曲以外有名なアリアもない。

No.161の2013年と比べて指揮者がステンツからショルテスに代わり会場も変り舞台装置と4管編成の管弦楽の位置も変った。演技が前でオケが後ろになった。歌が良く聴こえる反面オケのクライマックスが良く聴こえないという欠点がある。昨日に続いて今日もギュルツニッヒ・オケと付き合う。プラデリウムよりも装置が少なくなっているような気がするが余った廃車などの大道具は重ねて舞台の外に出して展示している。

この曲の作品の地位としては「リング」や「ヴォツェック」みたいな革命オペラではないが、少なくとも「フィデリオ」や「魔弾の射手」などの価値にはとどまるであろうと思っている。

対斜的な和音の伴奏形の繰り返しを印象主義と見るのであろうが、そこに他の声部が対位法的に割り込んでくる。様式としてはマーラーの第7交響曲や「大地の歌」などの透き通った暗い夜の寒い風景である。勿論この様式はツェムリンスキーにも近いスタイル。ハウシルトのように不器用だが同じハンガリー人のショルティ―のように派手に動いて飛び上がる。ここの「ベンヴェヌート・チェルリーニ」のようにしょっちゅうバレエが割り込んでくる。あくまでもドイツオペラなのでメノッティのようなベルカントは感じない蛾」音楽は物まねのそれよりも優れている。46分32秒で休みなしに次の幕。

ハンス・ザックスのような声。印象性は暗くプロコフィエフやスクリヤービンに近い。45分18秒で休憩。

出番の多いバレエ。配役が入り組んで多いのはR・ワーグナーの楽劇とは反対の方向だがただし17人の「マイスタージンガー」は除く。コーラスをもコレオグラフィーして全員セックスのシーン。3幕は合唱が大量に出る。黒人のドイツ警察は頼もしい。最期は殺して終わり。第三幕は67分05秒で前回は通算2時間50分かかったような気がする。解説では3時間。テンポが速かったのか?

Die Gezeichneten

Oper in drei Akten

Libretto nach Hidalla von Frank Wedekind

mit Kurzeinfhrung

Mi / Jul 12 Zu dieser Veranstaltung findet eine Begleitveranstaltung statt.

StaatenHaus Saal 2 / 19:00 22:15 / Begleitveranstaltung

Die Kurzeinfhrung zu Franz Schrekers Die Gezeichneten beginnt um 18:20 Uhr.

Inhalt

Der genuesische Edelmann Alviano macht sich aufgrund seiner Hsslichkeit keine Hoffnung auf Liebe. Carlotta, die knstlerisch ambitionierte Tochter des Brgermeisters von Genua, fhlt sich von ihm angezogen und mchte seine schne Seele malen. Alviano versteht dieses Interesse an seiner Person falsch und whnt … sich ernsthaft geliebt. Als Carlotta dem moralisch haltlosen Verfhrer Tamare verfllt und an dieser Beziehung zugrunde geht, ttet Alviano den Rivalen und wird wahnsinnig.Franz Schrekers in der Zeit der Renaissance spielende, 1918 in Frankfurt uraufgefhrte Oper Die Gezeichneten ist musikalisch dem Expressionismus verpflichtet. Im Zentrum des Geschehens, in dem auf fesselnd bildhafte Weise der Themenkomplex Liebe und Kunst reflektiert wird, steht mit dem missgestalteten Auenseiter Alviano ein sogenannter Gezeichneter.

Inszenierung

Das digitale Programmheft zu Die Gezeichneten finden Sie hier.

Die Klner Erstauffhrung der Gezeichneten fand im Jahr 1920 statt, gefolgt von Auffhrungen weiterer Opern des Komponisten Franz Schreker, der mit seinen tiefenpsychologisch angelegten und emotional aufwhlenden Musikdramen in dieser Zeit zu den … meistbeachteten Komponisten auf deutschen Opernbhnen zhlte. Von den Nationalsozialisten mit Auffhrungsverbot belegt, geriet sein Werk ber mehrere Jahrzehnte in Vergessenheit, bevor in den vergangenen Jahren eine Wiederentdeckung seiner opulenten musiktheatralischen Schtze einsetzte.

Patrick Kinmonth, der an der Oper Kln gemeinsam mit Robert Carsen Richard Wagners Der Ring des Nibelungen realisierte und hier in der Folge mit Madama Butterfly und Solaris eigene Arbeiten ablegte, zeichnet fr die Inszenierung verantwortlich, die im April 2013 Premiere an der Oper Kln feierte. Freuen Sie sich auf eine erlesene Besetzung, u. a. mit Gast-Stars wie Anna Gabler, Marco Jentzsch, Bo Skovhus und Oliver Zwarg. Am Pult des Grzenich-Orchesters steht Maestro Stefan Soltesz.

Besetzung

Musikalische Leitung Stefan Soltesz / Inszenierung, Bhne me Patrick Kinmonth / Co-Kostme hne Darko Petrovic / Licht Andreas Grter / Dramaturgie Georg Kehren / Chorleitung Andrew Ollivant / Choreografische Mitarbeit Athol Farmer /

Herzog Antoniotto Adorno

Oliver Zwarg

Graf Vitelozzo Tamare

Bo Skovhus

Lodovico Nardi, Podest

Bjarni Thor Kristinsson

Carlotta Nardi, seine Tochter

Anna Gabler

Alviano Salvago, genuesischer Edelmann

Marco Jentzsch

Guidobaldo Usodimare, Edler

Martin Koch

Menaldo Negroni, Edler

John Heuzenroeder

Michelotto Cibo, Edler

Insik Choi

Gonsalvo Fieschi, Edler

Miljenko Turk

Julian Pinelli, Edler

Lucas Singer

Paolo Calvi, Edler

Matthias Hoffmann

Der Capitaneo di giustizia

Oliver Zwarg

Ginevra Scotti

Mara Isabel Segarra

Martuccia, Haushlterin

Adriana Bastidas Gamboa

Pietro, ein Bravo

Michael Pflumm / Ralf Rachbauer

Ein Jngling

Young Woo Kim

Ein Mdchen

Maria Kublashvili

1. Senator / 1. Brger

Alexander Fedin

2. Senator / 2. Brger / riesiger Brger

Martin Kronthaler

3. Senator / 3. Brger

Julian Schulzki

Vater

Miljenko Turk

Mutter

Astrid Schubert

Kind (Junge)

Solist des Klner Domchores

Chor

Chor der Oper Kln

Orchester

Grzenich-Orchester Kln

菅野茂