小説仮面ライダー全員集合77

アクロバッター!のかけ声と共に、専用バイクが現われる。

一体化したはクロウに体当たり攻撃をかける。怯むクロウ。

セイリングジャンプ!スカイライダーが天高く舞う。

オウルも負けじとジャンプするが、一タイミング遅い。

3人の仮面ライダーは、呼吸を合わせたように怯んだ怪人に向けて渾身のキックを見舞う。

初登場時に比較して強化されたイマジンもひとたまりもなくと思われたとき、3体は砂と化すが、暴走したイマジンは巨大化し、ギガンデスヘブンとなって、3ライダーに襲いかかる。

おい、次は俺の出番だ!とモモタロス。電王は赤の戦士ソードフォームと化し、俺、参上!ギガンデスに、剣をかざしてジャンプし、襲いかかる。

時をあわせて、もフォームチェンジする。哀しみの戦士、ロボライダー!渾身の力で、電王に続いて、ギガンデスに激突していく。

再び天高く舞い上がったスカイライダーも宙からギガンデスに向かう。

行くぜ行くぜ行くぜ!と電王のかけ声と共に3ライダーは3方向から同時に渾身のライダーキックを見舞う。

さしもの巨大怪人もその一撃三撃!にはたまらず、爆散する。

鳥の能力を持つギガンデスにその能力を使わせるいとまも与えず撃退した3ライダーは変身を解く。

お、うっかり寝とったら出番を逃したぞ。電ライナーから、キンタロスの寝惚け声が聞こえる。

バーカ!ハナが嘲笑う。

さて、帰るか。と洋。

待ってと良太郎。

4人は、今将にモグラ獣人に致命傷を与えようとするキノコ獣人、という現場に飛ぶ。

幼いまさひこが叫ぶ。モグラ!そのとき、まさひこには現在のまさひこが重なる。

今だ、モグラを助けるんだ!おい、約束はどうした!半狂乱に叫ぶ幼いまさひこの姿の現在のまさひこ。そのときであった。