すべては続きを描くための伏線だった

昨日、夜、雷が鳴った。あまりにもうるさくて、起きた。

まぶたをふたしていても、光が走る。

6月2日にも同じようなことがあった。

なぜ、寝ているのに起こされてしまうんだろうとぼんやり考えていた。仕事に行く時間だ。

前々から、永沢寺に行きたいと思っていた。

でも、ちょうど今週の火曜日にロードバイクが壊れてしまった。

これじゃあ、行ける範囲が限られてくる。

さて、どうしたものかと考え込んでいても、仕方ないので、ママチャリを使うしかない。

仕事先に行くにも自転車だったから、ママチャリになった瞬間きつさを感じる。

仕事の途中でもめまいがする。

まあ、良い。こんなの普通だって思いながら、仕事を進める。

そして、なんとか短い時間の勤務を終え、雨が少し小降りになったところで、永沢寺に行こうと思い、出発する。なんとなくの道は分かる。でも、覚悟ができていない。どのくらいの距離なんだ?

どんな道の先にあるのだろう。本当に知らないことばかり。

行けるのか?こんな条件で。

途中でダメになったら?まあ、良いや。その時は、倒れて、動けなくなって、死ぬだけだって思いながら、距離を調べる。

ちょうどここから19キロ

なるほど。やってやろうじゃん。行き帰り合わせて、38キロか。

だいたい4時間あれば行ける。

山道だとしても、峠だとしても、誰も助けてくれないとしても、行ってみせる。

前なんて、6.1キロの坂道を永遠と押しながら歩いたんだ。できない訳がないって、できる理由をほんの少しずつ集めていく。

そして、最初の関門

有馬富士公園

ちょっとした坂になっている。しんどいけど、ここは、何度か通っている道だ。大丈夫。

上った後は、下る。これ、鉄則。

花山院に行くまでの道は把握している。

そこからが問題だった。

地図の上からでは、高低差が分からない。どんな坂なのか、どんな道なのか、歩いてみないと行ってみないと分からない。

花山院を通り過ぎて、ずっとまっすぐ進む。

坂道があったり、下り坂があったり、その先にあったのは、ただの山と畑と人だった。

長い、長い平坦な道をこぐと、道路工事をしている場所があった。

おっちゃんがこっち通ってください!はい!ってな感じで、通らせてもらった。

そして、どんどん山道に差し掛かる。

川が流れていて、雨が降ったり、止んだりだった。

誰もいない。

たまに自動車やバスが通る。

バスの運転手が休んでいるところがあったりと本当に色んな道があるんだなって思った。

そして、どんどん進んで行くと、滝の音がする。

街にいたときは、寒さは感じなかった。でも、山道を進めば進むほど、冷たくなったような気がして、しょうがなかった。

途中、蛇が車に潰されたものがあった。

来てみないと分からないものだなと思い、どんどん進む。そしたら、蕎麦屋さんが途中にあって、こんなところで営業してんだなーって思いながら通り過ぎる。

そしたら、犬が吠えてきた。足がだんだん重くなって、進めなくなる。

でも、もう一回、犬の方を見ると、私の方を見て、吠えていない犬もいた。

じっと見つめていた。

最近、よくある。

犬に好かれる瞬間が。

まあ、別に良い。私の中にあるものに反応して、そうなっているんだろう。

っで、どんどん進むと、永沢寺の看板が。

残り3キロ

これが一番辛かった。

花山院の山道は900mだと言われている。

でも、その3倍とちょっと。

苦しくない訳がない。

でも、ここまで覚悟してきたんだ。しんどくて当たり前、辛くて当たり前、それが普通なのに、何、弱音吐こうと思ってんだ?

お前より苦しい人は何人もいるだろう。お前にもあっただろう。これくらいのしんどさ。でも、まだ生きてんだ。じゃあ、死なねーよ。丈夫なんだから。

そんな声が聞こえてきたように思う。

もっと辛くて、苦しい時のことをその時、一瞬思い出した。

涙を流すんじゃなくて、汗を流せっていう声を昔、西宮名塩の峠のところで聞こえたように思えた。

それで、なんとか、進もうとするけど、何度も立ち止まる。しんどい。心臓がバクバクする。そういえば、医者に無理な運動は控えてくださいねって言われてたんだ。高校生の頃。不整脈が出て苦しいから。

でもさ、思うんだけど、これから先、やらなきゃいけないことがあって、無理をしなきゃそれができないんだったら、無理しなきゃいけないだろう。そこに人の命がかかっていたらなおさらそうだろ。

守らなきゃいけないのに、守れていないのなら、お役ごめんだろ。

そんなの嫌だ。だから、この体でどこまでできるか、制限すんな。なんて思ってた。

ってか、思った。

っで、ようやく、ゴールが見えてきた。想像とは全然違う場所だった。

なぜなら、私は、寺があって、ショウブの花がそこにあるだけだと思っていた。

違ったんだ。

山にお墓がたくさんあった。

そうか。

町のようになっていたんだ。

見なきゃ分からない。歩いて見なきゃ分からない。知らないことだらけで笑った。

山道を歩いていたら、涼しいところが必ずある。その理由は、滝が、風を冷たい風を運んでいるから。

知らなかった。

っで、ショウブの花を見ようと思ったけど、なんと、入館料が足りなかった。200円なかった。3キロの山道はかなり足にこたえたけど、このままでは帰られない。とりあえず、永沢寺を見た。

そして、その後、地図を見て、決心した。

次、来る時は、ちゃんとお金持って、行こうって。

っで、見ごろがいつか?と門番の人に聞いたら、ここ1週間で花がどんどん減って来ますって答えてくれた。

っで、帰ろうと思ったら、東京バナナとおもちをくれた!これ、食べて、頑張って帰ってね!って。

風邪とかひいたらあかんよとか。

お母さんか!ってツッコミそうになったけど、お礼だけ言って帰った。

っで、家帰って、無料でもらえるパンフレットみたいなものを見てたら、全部、答えが出た。

今日のタイトル。

すべては続きを描くための伏線だった。

どういうことか。

書いてあったんだ。昔、日本史の時間に女の幽霊っぽいものを書いた。そこに、摩耶って名前を付けた。

なんとなく響きが良くて。

ちょうど、書いてあったよ。

摩耶山天上寺

そんな言葉はこの世に存在しないって思ってたのに、知らず知らずのうちに書いた名前がどこかの誰かと繋がっている。

おかしいと思ったことがもう一個ある。

だいぶ前に、神仏の展示会にお金がないのに、大阪に行って、見に行ったことがある。

お釈迦様が展示されていたり、マントラが展示されていただけなんだ。

でも、どっかで、禅が気になってたり、神社やお寺が気になっていたりする。

その人達の言葉で何度も救われたことがある。

だから、自分の中で納得する生き方を見つけたいってきっとずっと思ってる。

どうせいなくなる。たかが70年で何ができるって思うけど、その途中で息絶えていなくなるかもしれない。

どのみち、いなくなる。だったら、自分のやりたいことをやれば良いんだって思う。

後は、下の世代に任せて。

そんな風に今は思う。